西陣あかりや1日1000円 京都西陣のレンタル着物屋

- 京都9月のイベント情報 -

12009699_838964089536004_8600809079823332711_n

※時間変更、台風による中止などの可能性もございますので、事前に公式サイトなどで開催日・時間をご確認ください!

2018年月見

9月はお月見の季節。「中秋の名月」と呼ばれるお月見の日ですが、2018年は9月24日がその日です。今年は満月の前日になるそうです。ススキやお月見団子を供えて家で月を愛でるのももちろん楽しいですが、観月祭に足を運ぶのもまた一つの楽しみ方です。京都ではたくさんの場所で観月のイベントが開催されるので、行ってみてはいかがでしょうか?

 

京都の観月祭

名月管弦祭@下鴨神社

中秋の名月の日に、世界遺産である下鴨神社で行われる観月のお祭りです。

鬱蒼とした糺ノ森を抜けると、かがり火と月光に照らされた境内が目の前に姿を現し、ゆったりとした雅楽の奏により異空間に佇んでいるような錯覚におそわれます。平安貴族の装い(十二単)のをした美女の舞を眺めながら、お茶席で美味しいお菓子とお茶を優雅にいただくのは、本当に素晴らしい時間です。ふと空を見上げると、眩しいほどの満月を見ることができます。個人的には一番見ごたえのある観月祭の一つです。

秋の夜の観月茶会@高台寺

高台寺の観月のお茶会です。高台寺は、豊臣秀吉の正室である北政所(ねね)が、豊臣秀吉の冥福を祈るために建立した寺。歴史的意味合いの深さもさることながら、夜間のライトアップがとても現代的でおしゃれなので、人気のあるお寺です。祇園なので、昼間はスイーツやお食事、清水寺拝観を楽しんだ後、夜間17〜18時に訪れるのも良いですね。9月7日〜23日の金・土・日に2時間にわたって、お茶席・拝観・点心(簡単なお食事)を愉しめるイベントです。ただし、料金が6,000円と、他の無料や安価なイベントに比べて少々お高くなっています(その分内容が濃密ですね)。

晴明祭@晴明神社

平安時代の陰陽師、安倍晴明を祀る神社です。西陣あかりやからは5〜10分の距離にあるので、着物を着て晴明神社へ行かれるお客様もたくさんおられます。敷地は小ぶりながら、大変な人気でいつも一年中観光の方々がシャッターを切っています。フィギュアスケートの羽生結弦さんも参拝されたそうで、絵馬もあると聞きました。9月に入ると19〜20時の間、毎日笛の音が聞こえてきます。晴明祭のため、とても熱心に練習をしているようです。こちらは観月祭というよりは、「晴明祭」と言って厄除けの意味を込めた大事な伝統行事だそうです。ただ、9月22日〜9月23日という、中秋の名月に近い日程なので、ご紹介させていただきます。

名月祭@北野天満宮

北野天満宮は、言わずと知れた学問の神様、菅原道真公を祀る有名な神社です。お元気な若いお客様は、西陣あかりやから徒歩20分ほどで到着されることでしょう。バスやタクシーをお使いになると、あっという間にたどり着きます。すぐ隣には上七軒という京都最古の花街があるので、お食事をしたり、舞妓さんをお見かけできたり、楽しみはたくさんあるのでお勧めです。ずいきや里芋などをお供えするため、「芋名月」とも呼ばれます。9月24日16時よりスタート。受験の祈願もかねて行って見られてはいかがでしょうか?

観月の夕べ@大覚寺

因みに、過去に足を運んだ観月祭で最も印象に残った観月祭は、大覚寺の「観月の夕べ」です。嵯峨天皇が始めたとされる観月の宴は、広大な大沢池に小舟を浮かべ、池に映る美しい月を愉しむというもの。現在の「観月の夕べ」も、竜の首を飾った龍頭舟(りゅうとうせん)か、空想の水鳥の首を飾った鷁首舟(げきしゅせん)に乗り、池をゆったりと巡回しながら月やその池に映る姿を眺めるという、平安貴族さながらの体験をすることができます。ただ、残念ながら今年は台風による甚大な被害の影響により、中止になったそうです・・(変更があるかもしれませんので、HPにてご確認ください!)。

 

観月祭以外のイベント

他にも様々な観月イベントがいたるところで開催されています。

また、観月イベント以外にも、

・梨木神社の萩まつり(お茶席もあります9月22日〜24日)

・貴船の川床、鴨川の納涼床(〜9月30日)

・嵐山鵜飼(〜9月23日)、宇治川鵜飼(〜9月30日)

などなど、たくさんイベントがあります。

The following two tabs change content below.
あかりや女将

あかりや女将

京都西陣にて、平成28年7月より着物レンタル店「西陣あかりや」を営んでいます。老若男女問わず沢山の方々にお着物を楽しんでいただきたいとの強い思いから、創業以来ずっと1日1,000円でお着物レンタル及びお着付けをさせていただいております。お着付けだけでなく、お客様や西陣一帯の方々との出会いや交流をとても楽しみに、日々営業しています。まずは一度お立ち寄りくださいませ。お待ちしています。
あかりや女将

最新記事 by あかりや女将 (全て見る)